トップページ >  銅(Cu) について

銅(Cu) について

銅とは

銅って何だろう銅は今から約6千年前に発見され、「人類が初めて手にした金属」といわれています。
石器時代・銅器・青銅器時代というぐらいで、人類の文明発達の黎明期から使用されています。

銅がこれだけ古くから使われてきたのはおそらくその「展延性」の良さによると思っています。ひっぱられてもたたいても、伸ばされても脆さがありません。

この丈夫な加工特性が古代人の装身具、調度品、武具を作るのに最適だったのではないでしょうか?

現在は銅のそのほかの特性「導電性」「電熱性」「耐蝕性」「抗菌性」に注目が集まって、ますます使用範囲が拡がっています。


銅(Cu:カッパー)の由来


紀元前3,000年頃、銅はキプロス島に多く産しました。

銅は大変価値がありましたので、島の支配はエジプト人、アッシリア人、フェニキア人、ギリシャ人、ペルシア人からて、ローマ人へと委ねられ、ローマへの銅の供給はほとんどキプロス島からでした。

始めはキプロスの鉱石と呼ばれていましたが、その後ただシプリゥム(cyprium)と呼ばれるようになり、更にシプラム(cyprum)、キュープラム(cuprum)と変わりました。

これが英語のカッパー(copper)の語源で、化学記号のCuはこのラテン語の最初の2文字をとったものです。

当店の名前もこのカッパーにちなんで名付けました。


銅地金の製造工程について


私、はりき(銅圧延メーカーに勤めておりました。)がご説明いたします。
え〜と・・新入社員の時の研修資料をひも解きますと・・・

まずは採掘した状態を「粗鉱」といいます。

なんとこの時点では銅分は0.5〜1.0%しかございません。

その後粗鉱を一定サイズに破砕、選鉱剤を混入して銅分を濃縮する工程を「選鉱」と呼びます。この状態を「精鉱」といいます。この時点で銅分は25〜40%までになります。

まだまだ続きます。

この後溶練炉→転炉を通して精鉱を参加させます。

こうして出来上がったのが「粗銅」です。この時点で銅分は99%。

まだ続きます。
最後にその粗銅を精製炉に通しアノード(陽極板)とし、電気製錬を行います。

ここで「電気銅」となります。銅分は99.96%以上です。


銅地金の需要と供給


日本の銅地金供給は約60%が国内生産でまかなっていますが、国内鉱山は閉山が進み、実は99%以上の鉱石を海外の輸入鉱石でまかなうという、いわゆる買鉱製錬を行っています。


銅鉱石はどこからくるのか


江戸時代はなんと日本の銅の生産高は世界一の約1000万斤(6,000トン)で、長崎貿易の輸出量はその半分にも達する状況でしたが、現在では、チリ、ザンビア、ザイール、ペルーそして米国といった国が主な産出国です。


銅地金の価格体系


銅は1953年よりLME(ロンドン金属取引所(London Metal Exchange))に上場され、古くからLMEをベースにした価格形成が行われています。

米国国内の取引はCOMEXが主体となっていますが、国際的な取引はすべてLMEをベースに行われており、日本においても日本鉱業等の発表する国内銅建値があるものの、基本的にはLMEをベースに連動した形で運用されています。

銅材料の利用例

銅は「人類が初めて手にした金属」というぐらい歴史の古い金属ですが、 現在でも私たちは、その優れた特性から、たくさんの銅製品を 目にすることが出来ます。

たとえば皆さんのお財布に入っている10円玉はもちろん
1円玉以外の硬貨にも銅が含まれているって知っていました?

その優れた特性別に利用例を
ご紹介いたします。

まずは最大の特徴ともいえる導電性の良さが挙げられます。
パソコンのリードフレーム、配電盤、電源装置の取り出し口、電気機器の配線に使われています。
当社も銅、黄銅を使った電池 電源の接続部品を長い間作ってきました。
当社の製品を少しご紹介いたします。

接続端子、コネクタ、電極部位、コンデンサ用銅盤、編組線(銅線にスズメッキしたもの)

そのほかの特性を挙げますと・・

装飾用として。
銅は赤、黄銅は黄金色をしていますので装飾用には、もってこいです。
私の実家は大阪の下町で、祭りのだんじりには赤と黄金の豪華な装飾がたくさん付いています。

耐食性の良さから、昔から屋根材料として使用されてきました。、
「太閤さん」こと豊臣秀吉の大阪城の屋根も銅瓦屋根です。
平成の大改修の際、まだ金箔の付いている瓦もあるほどで
選別してそのまま再利用したそうです。
実は銅の耐食性は最近見直されており、需要が高まってきているそうです。

熱伝導が良いことから、クーラーの熱交換器、パソコンなどのヒートパイプ、
家庭用の銅鍋などにも利用されています。

磁性を帯びないことも大きな特徴で、
電気計器の部品、防爆防止用工具などとして使われています。

そして最近注目されているのが銅の「微量金属作用」です。
銅イオンは様々な細菌に対し、抗菌作用、殺菌作用が認められ、
食中毒の原因のO−157にも効果があります。
流し台の排水口のバスケットに銅板を入れていると、ぬめりを防ぐ事ができます。
我が家の台所にも銅の切り板を置いてあります。
塩素系薬品を使うと、配水管をいためたり
水質汚染にもつながりますので、とてもエコロジーです。

この銅イオン、医療関係からも大きな期待を寄せられています。
難病のアルツハイマー病の治療に効果がある事がわかってきたのです。
アルツハイマー病は、正常であればすぐに分解されるタンパク質が
脳に沈着して固まり、神経細胞を侵すのが原因とされていますが、
このタンパク質に銅イオンを混入させると銅とタンパク質のアミノ酸の
一部が結合して、タンパク質の増加を防ぐことが確認されました。
まだ研究段階ですが、早く実用化してほしいですね、


今回いろいろ調べてみて、銅のすごさを改めて感じました。

でも銅は、非常に資源量が少なく、チタン、ジルコニウム、バナジウムよりもまだ少なくて、
希少金属の部類に入ります。

当社もリサイクル活動に力を入れております。
皆さんも大切に銅を使って頂きますようお願い申し上げます。

FAQ

順次、ふやしていきたいので、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!!